サラリーマンはイラストレーターを目指す

結婚して30過ぎたころに自分のやりたいことを見つける。なんでもっと早く見つけられなかったんだと悔やむのではなく、やりたいことが見つかったことを喜ぼうじゃないか。そんな僕が夢をかなえるまで書き続けるブログです。

【スポンサーリンク】

知識ゼロでも投資がしたい 序章

 

これまでの投資記事を読んだ方、

 

www.fuku-jiro.com

 

www.fuku-jiro.com

 

 

「知識ゼロでも投資ができるかってのを人生かけて検証してやる」

 

 

とか偉そうに言っときながら「ポイント投資かよ!w」って思いましたか?

 

 

 

ちっちっち

焦らない焦らない。

投資とどん兵衛は焦ったら負けです。

 

 

dポイント投資は挨拶がわりですよ。

本題はこっから。

 

 

 

なぜ投資をしようと思ったか

 

まずなぜビビりで頭の悪い私が投資をしたいと思うようになったのか。

そのきっかけはこちらの動画ですね。

 


www.youtube.com

オリエンタルラジオ中田敦彦さんの「ジェイソン流お金の増やし方」

 

投資と聞いたらまず頭に浮かぶのはリスクでしょうか。

そして難しそう

勉強しないと勝てない

私には無理

 

たいていの人がこうなってしまいますよね。

この動画を見たらこのイメージが真逆になります。

 

あんまりリスク無さそう

簡単

やらなきゃ損

私にもできる。

 

そう思えてきます。

 

私が超絶人に流されやすいタイプの人間であることは認めます(笑)

ですが投資に興味がない方は一度騙されたと思ってみてほしい。

考えが変わるかもしれません。

 

リスクが少ない

 

もちろん全くないわけではない。

ただ思ってたより低いんじゃないかと。

先に言っておくとこの動画で紹介されているやり方は10年、20年、30年と長期的に資産を増やしていくやり方です。

 

「短期間でお金を何倍にもふやしたいんんじゃー」って方には不向きですが資産を増やして小金持ちになるためにはもっとも合理的でリスクの少ないやり方です。

 

 

今まで私は株は自分の裁量でどの株を買うかを選ばないといけないと思い込んでいました。

そして安く買って高く売る、それの繰り返しで増やしていくんだと思い込んでいました。

 

だけどそうじゃない。

 

まず、

 

何百何千という会社にまとめて投資できる商品があるということらしい。

この動画で紹介していたのはアメリカの優良企業3800社の株をまとめて薄く買うというもの。

しかもこの3800社というのは厳しい審査を潜り抜けた精鋭でかつ成績が悪ければ容赦なく入れ替わるとのこと。

 

サッカーで例えるなら銀河系軍団レアルマドリードでしょうか。

最近のレアルは知りませんが要は優秀な選手の寄せ集めでより優秀な選手が出てきたら戦績の悪い選手と入れ替えられる。

このレアルマドリードというチーム全体に投資ができるんです。

 

 

 

、、、で?何が言いたいの?

 

 

 

つまり!リスク分散ができるということですよ。

個別の株を買うというのは同じようにサッカーで例えるとクリスティアーノ・ロナウド一人に投資するというイメージ。

世界最優秀選手に何度も選ばれるほど毎年かなりの好成績をマークしておりリターンが大きいのが魅力。

 

ただもし大けがをして何年も離脱しなければならくなったら?

もしかしたら復帰しても以前のパフォーマンスは出せないかもしれない。

もっと言うと最悪引退までいく可能性まである。

 

そうなるとすべてがパーになりかねない。

 

その点レアルマドリードに投資している場合を考えてみよう。

毎年優勝とまではいかなくても好成績を維持している。

仮にクリスティアーノ・ロナウドがケガで離脱したとしても多少戦績は落ちるかもしれないが他の優秀な選手が補ってくれるし弱小チームに転落したりはしない。

場合によっては他の優秀な選手と入れ替えられる。

つまりチーム自体が消滅しない限りパーにはならない。

 

 

 

 

 

 

 

こんなうまい話しがありますか?

 

→あるんですw

 

 

 

 

話を戻すとこのアメリカ優良企業3800社パックというのはいってしまえばアメリカの経済が崩壊しない限り負けはないってことです。

 

 

「いや、ちょっとふくじろうさん。それじゃぁやばいじゃん。

10年くらい前だってさぁ、リーマンショックだのなんだのってアメリカの経済がたがたになったりしてたじゃん。

今後またそんなのがおこりゃパーになっちゃうんでしょ?」

 

 

それは違います。

 

 

・ITバブル崩壊

リーマンショック

・コロナショック

 

過去アメリカの経済が大暴落する局面は何度もあったんです。

しかしいずれも数年で回復どころか下落前よりも上がってるんです。

大暴落したからと言って焦って株を手放した人は大損します。

長い目で見ればずっと右肩上がりを続けているのがアメリカの経済。

 

手放さずに持っとくだけでいい。

そうすれば歴史上負けなしなのです。

 

 

 

 

簡単

 

株を売買しろって言われると難しく思えるがそうじゃない。

 

「買ったら売るな。もっとけ。」

 

ただそれだけ。

簡単ですね。

 

しかもどこで何をどうやって買えばいいかまではっきり言ってくれている。

 

この動画で進めているのは

「ネット証券でVTIをドルコスト平均法で買いなさい」

ってこと

 

 

 

なんのこっちゃ。

 

 

 

わかりますwww

ですが動画を見たらざっくり理解できます。

 

 

ネット証券で買う

 

まず初めに大事なことは「ネット証券で買いなさい」ということ。

逆をいうと「証券会社の窓口には絶対に行くな」ということです。

 

なぜなら窓口に行ってしまうと粗悪な商品を買わされるからだそう。

具体的には証券会社が儲かる商品。

つまりは手数料が高いやつです。

 

余談ですがあとあと「両学長」さんのYouTubeチャンネルを見て聞いた話だけど金融商品の大半は詐欺まがいの粗悪な商品だそうです。

これも投資が怖いっていうイメージにつながりますね。

 

ネット証券であれば窓口がない分手数料が格安です。

この動画では楽天証券をおすすめされていますがネット証券を選ぶなら楽天証券SBI証券が2大巨塔です。

 

VTI

 

ネット証券で買うのはわかった。

じゃあ何を買えばいいのか。

それが前述したアメリカの企業3800社パック。

 

VTIです。

 

これを買うということはアメリカごと買うこととほぼ一緒。

つまりアメリカの経済が発展を続ける限り安泰なわけです。

アメリカに超巨大隕石が落ちました~とかなったらどうなるかわかりませんがそこまで考えだすときりがないですね。

 

ここで疑問なのはアメリカってそんなにすごいの?

中国とはほかの国じゃだめなの?

ってことですね。

 

私はゲームとお絵描き以外興味のない人間なので考えたことありませんでしたが実は今世界経済の中心アメリなんです。

 

GDP国内総生産)という指標をみるとアメリカがダントツトップなんですね。

近いうちに中国に抜かれると言われていますがアメリカが衰退するわけではなくむしろ人口は増加傾向にあるそうなので今後も発展が見込めます。

 

 

いやそんな指標見てもいまいちピンとこないよっていう方。(私含めw)

 

ちょっと身の回りのことを考えてみるとわかるんですが

・手に持っているのはiPhone

・何かを調べようとして検索するのはGoogle

・使っているSNSはFiceBookやインスタグラム

・ネットショッピングはAmazon

 

これらすべてGAFA(ガーファ)と呼ばれる超巨大なアメリカの企業です。

ここにMicrosoftも入れてGAFAM(ガーファム)とか言ったりもしますよね。

 

いかにアメリカの企業が世界に影響を及ぼしているかがわかります。

 

これら代表する企業を除いても世界規模の市場をもつ企業がゴロゴロいるのがアメリカなんですね。

 

上でレアルマドリードに例えましたがそれどころではありません。

毎年優勝する無敵の常勝軍団。

それがアメリカ株なんです。

 

 

ドルコスト平均法

 

ではどのようにして買うか。

それがドルコスト平均法

 

これは仮に投資に回せるまとまった資産があったとしてもまとめてぶち込むのではなく定期的に細かく分けて買いましょうということです。

 

例えば1000万あるなら月30万にして2~3年かけて積み立てていくということ。

 

ここで一つ疑問です。

前述したようにこの投資法は時間がたてばたつほど資産が増えていくというもの。

これを聞けば誰しも一刻も早く資産を投資に回したほうがいいのではと思いますよね。

 

私もそう思いましたw

 

理論上はそうなんです。

だから最初にドカッと入れれる人はそうするのもありだとは思います。

ただ投資に暴落はつきものです。

投資をすると誰しも経験するイベントなわけです。

 

それがもし全額突っ張った直後に起こったら?

1000万で買った資産がみるみる減って500万になってしまったら?

 

これ耐えれますか?

 

 

「数年すれば回復するんでしょ?耐えれるよ」

 

そう思うかもしれませんが私が思うに減ったことのショックより「もう少し待ってたら暴落したときにがっつり買えたのに~」というショックのほうが大きい気がします。

半値になってしまったとしたらそこで買ってたら倍買えたわけですからね。

 

なのでそうならないように毎月定額をこつこつ積み立てる。

そうすれば株価が高いときにはそれほど買わずに低い時に多く買えるので結果的には「最初にいっぺんに買うのと大差ないよ。」っということらしいです。

 

そして買ったら売らずに持っておく。

ただそれだけ。

 

簡単ですね。

 

やらなきゃ損

 

 

簡単なのはわかった。

リスクについても理解した。

 

「じゃあどれだけ儲かるの?」

 

 

気になるのはそこですよねw

 

この動画が繰り返し強調していってるのは福利の力というやつ。

福利というのは利子に利子がつくことをいうそうなのですがこちらも具体的な例をあげましょう。

 

100万円あったとします。

一方は貯金。一方は投資。

 

株の世界は利率が5%前後あるらしい。

仮に年間で5%の利子がつくとしよう。

1年で100万円の5%だから5万円儲かる。

 

1年で5万円と聞くとどうだろう。

ものの2、3時間で5万をサンドに突っ込んだ経験のある私はたった5万かよって思っちゃいますねw

ただこの5%をそのまま投資に回すとどうなるか。

翌年は105万円の5%の52,500円。

さらにそれをまた投資に乗せて、、、としていけば。

 

なんと15年で元の倍になる計算。

もちろん毎年5%とも限らない。

上振れば10年で倍になることもある。

逆もしかりだが何もせずただただ銀行に預けていたら利子がついても高々数千円でしょうか。

この差はでかい。

さらにこのまま続ければその差は広がる一方。

 

30年続けたとしよう。

100万円の倍の倍で400万円。

これに毎年5%の福利なので何もしなくても年間20万円入ってくる状態。

 

もっと言うとこれはあくまで元本100万円で追加投資は一切しない場合だ。

ここにさらに毎月5万円でも貯金の代わりに積み立ててたとしたら、、、、、

 

いくらだ?w

 

単純に5万×12か月×30年で1800万円の積み立て。

そこに福利が乗ってくる、、、

もともとの100万は4倍になってて、、、

 

 

わからんwwww

 

 

たぶん4千万円くらいはいくんじゃない?

つまり4千万円の資産を保有した状態でさらに年間200万円何もせずとも入ってくる。

 

 

年間200万円の不労所得、、、

 

 

え?無敵やん。

 

俺なんか間違ってるかな?wwww

 

と、とにかくだ。

30年という長い期間ではあるが人生100年時代の今。

老後が不安な今。

 

 

俺はヤるで。

 

 

 

 

 

私にもできる

 

とりあえず全部この動画の言う通りにしまーすw

 

この本、私も動画を見たうえで購入してすべて読みましたがかなり初心者向けに書いていて読みやすいです。

普段本を全く読まない私でも多分2時間くらいかな?

それくらいで読めたと思います。

私のような投資初心者の方には是非読んでいただきたい一冊です。

 

 

口座を開設するのにマイナンバーを登録するとかいろいろめんどくさかったが今の時代ちょっと検索すれば誰かがわかりやすくまとめてくれています。

 

まぁ私にできたんだ。

誰にだってできるさ。

 

口座を開設した後の具体的な買い方も本に書いてあるのでその通りにやります。

 

これで、こんな簡単なやり方で本当に小金持ちになれるのか。。。

 

こうご期待。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は長々と書きましたが最後までお付き合いありがとうございました。

今後も運用の経過とかお金についてのちょっとした勉強みたいなものとかを記事にしていきたいと思います。

このブログの投資記事が少しでもお金について考えるきっかけになればと思います。

 

最後に一つ。

投資にはリスクがつきものです。

何が起ころうと自己責任。

たとえ誰かに言われるがままにやった結果だったとしてもね。

ではまた!

 

/*カテゴリ階層化*/