サラリーマンはイラストレーターを目指す

結婚して30過ぎたころに自分のやりたいことを見つける。なんでもっと早く見つけられなかったんだと悔やむのではなく、やりたいことが見つかったことを喜ぼうじゃないか。そんな僕が夢をかなえるまで書き続けるブログです。

【スポンサーリンク】

dポイント投資2戦目の結果。

出だしは好調だったが、、、

 

さて今回も投資記事です。

dポイント投資1戦目は約7%のプラスという大勝利でした

 

www.fuku-jiro.com

 

 

2戦目は日経インバースに全ポイント突っ張ったわけです。

それが4月4日。

で、先日目安の5%に近い3,000ポイントほどの利益が出ていたので早速全ポイント引き出したんですが、、、

f:id:fukujiro0714:20220419094151j:image


f:id:fukujiro0714:20220419094202j:image

 

 

2戦目の結果

 

結果はこちら↓

 

 

f:id:fukujiro0714:20220419094122j:image

 

プラスではあるものの1,936ポイントに減っています。

実はこれがこの投資の

「引き出し」を実行してから実際に引き出されるまでのタイムラグがある。

 

正確には以下の通り。


f:id:fukujiro0714:20220419101249j:image

 

なので引き出す処理をしたときにはプラスだったのに実際に引き出されたらマイナスだったなんてこともあり得る。

 

今回の場合のグラフを見てみよう。

4月12日に引き落とし処理をして実際に引き落とされたのが13日。


f:id:fukujiro0714:20220419094229j:image

Vモンキー!!

 

見事に決めてくれましたね。

買ったときがほぼ底だったのでまぁ何とかプラスで終われました。

 

 

dポイント投資負けパターン

 

このタイムラグによる損失を予測することは私の知識では到底不可能なのでやはり5%を目安にすることでマイナスにまで転じることを極力なくすというやり方で続けたいと思います。

 

 

では3戦目にどのコースに投資するか。

1戦目2戦目とやって少しわかってきましたがこの投資の負けパターンは以下2種類。

 

1.引き出しのタイムラグでマイナスに転じてしまう。

2.成長しないコースに投資してしまいいつまでたってもプラスにならない。

 

1については5%目安で考えればよほど暴落しない限りは大丈夫かと。

気を付けなければならないのはの方。

折れ線グラフの下を見れば過去一年でどれだけ成長したかが見れるようになっています。

 

ここがマイナスになっているコースに投資してしまうと下手をすればいつまでたってもプラス5%に届かず徐々に減らされていってしまう可能性があるということです。

かといってここが大きくプラスになっているコースはこの先も上がってくれるのか心配。

 

このへんの見極めがかなり重要ですが勉強する気はない(←おい)ので持ち前の嗅覚で勝負したいと思います。

 

3戦目に選んだコース

 

3戦目はこのコースでいきたいと思います。↓


f:id:fukujiro0714:20220419094353j:image

 

 

*~* クリーン・エネルギー *~*

 

いい響きですね。

これはここ一年ではプラス。

ここ3か月大きくプラスですが直近は右肩下がり。

 

 

3連勝なるか!

次回お楽しみに~

最後までお読みいただきありがとうございました。^^

 

 

 

 

 

 

 

/*カテゴリ階層化*/