サラリーマンはイラストレーターを目指す

結婚して30過ぎたころに自分のやりたいことを見つける。なんでもっと早く見つけられなかったんだと悔やむのではなく、やりたいことが見つかったことを喜ぼうじゃないか。そんな僕が夢をかなえるまで書き続けるブログです。

【スポンサーリンク】

dミールキットはじめました♪ ~5日分チャレンジとメリット・デメリット~

f:id:fukujiro0714:20190917234547j:plain

 

今回は7月にサービスを開始したdミールキットを実際に5日分試してみました(^^)/♪

 

トライアルキットを試したときの記事はこちら

 

www.fuku-jiro.com

 

 

料理から盛り付けまでの所要時間を書いておりますが料理が不慣れなためおそらく想定されている時間より大幅に時間がかかっていると思います。

 

なので時間はあくまで参考程度だと思ってください。

 

 

僕の料理のスペックですが、まぁ素人同然です。

卵焼きくらいなら何も見なくても作れます 笑

 

包丁もまぁ30年生きてきたからそらぁ何度か使ったことはあるかな

 

 

 

dミールキットのに関してですが今回はあえて書きません。

 

なぜかというともぉ全部旨いからです。

どれをとってもお店の味です。

 

 

食材そのものが苦手でないかぎり味に関しては何も心配することはないでしょう。

 

 

 

一日目

記念すべき初回のdミール。

 

 

主菜「たっぷり玉ねぎソースの和風バーグ」

副菜「しっかり味!しらたきとひじき炒め煮」

です。

 

 

完成した写真がこちら

f:id:fukujiro0714:20190917225004j:plain

 

かっこつけてポートレートで撮ったら副菜までぼけてしまってました^^;

f:id:fukujiro0714:20190917225829j:plain

副菜はこんな感じ

 

所要時間:39分(盛り付け込み)

 

 

やはり料理が不慣れな僕ではそれなりにかかってしまいます。

もう少し効率よく動ければ30分を切れたかもしれません。

 

 

 で、旨い!!(味書かないんじゃなかったっけ!?w)

 

 

いやあまりにもびっくりしたのでw

これが自分で作ったとは信じられん。。。(あんま作ってないけど)

 

 

 

二日目

今回は5分でできるシリーズ!

 

 

主菜「ごはんがすすむ!こく旨レバニラ炒め」

副菜「とろーり豆腐と長ねぎの中華スープ」

f:id:fukujiro0714:20190917225939j:plain

所要時間:14分(盛り付け込み)

 

 

5分、、、とはいきませんでしたが僕のレベルでこの時間なら十分です!

 

 

副菜のこちらで用意する材料で“中華だし”がありました。

 

え、、っと

何それ?(笑)

 

なやんだ挙句、創味シャンタンのチューブがあったのでそれをテキトーに絞っときました。

それでも味はかなりおいしかったです。

 

三日目

 

またまた5分でできるシリーズ!

 

 

主菜「豚肉キャベツの塩バター炒め」

副菜「濃厚ごま味噌の冷やっこ」

f:id:fukujiro0714:20190917230107j:plain

所要時間:11分(盛り付け込み)

 

 

 

今までで一番簡単。

これはがんばったら本当に盛り付け込みでも5分いけたかもしれません。

 

 

四日目

主菜「火を使わずに!さばのあおさパン粉焼き」

副菜「じゃがいもと玉ねぎの冷製ポタージュ」

f:id:fukujiro0714:20190917230200j:plain



所要時間:34分(盛り付け込み)

 

 

今回は鍋もフライパンも使いません。

 

 

さばを焼くのにトースターがなかったのでグリルを使いました。

そのせいかパン粉が若干焦げてしまいました^^;

 

 

じゃがいもをつぶす工程で耐熱ビニール袋に入れて手で押しつぶすと書いてありました。

 

耐熱ビニール袋なんて無いんですが?笑

 

仕方がないのでボールに移して木べらを使ってつぶすことに。。。

 

これがかなり時間がかかりました。

 

今思えばスプーンとかでつぶせばもっと早くつぶせたかもしれません。

 

 五日目

主菜「ジューシーチキンの甘辛BBQソース」

副菜「ふわふわたまごのコンソメスープ」

f:id:fukujiro0714:20190917230349j:plain

所要時間:43分(盛り付け込み)

 

こちらは冷凍保存キットでした。

 

他のに比べて賞味期限が長めに設定されおります。

チルドはその週には使わないと賞味期限が切れてしまいますがこれはしばらく使わず置いておくこともできますね。

 

小麦粉と水で衣を作ったり水溶き片栗粉を使ったりと料理初心者には少し難しかったようで一番時間がかかってしまいました。

 

 

メリット・デメリット

 

実際に5日分使って感じたメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット

 

献立を考える必要がない

献立は週に一度、dミールキットが提供するメニューから選択するだけ!

毎日「今日のご飯何にしよう」と悩む時間は必要がありません。

献立を考えるのは結構ストレスになるそうですがそれも無くなります。 

「今日何食べたい?」→「なんでもいーよ」→「何か言えよ(=゚ω゚)ノ」

のやり取りもしなくて済みますね♪

 

 

 

買い物に行く手間が省ける

dミールを始める前まではほぼ毎日のようにスーパーに通っておりましたがdミールに変えてからはスーパーに行くのは週に2、3回程度までに減りました。

といっても買う内容はほぼ日用品とかお弁当の材料、お菓子、あとお酒などです。

食材を買うのはdミールでまかなえない週2日分の夕食用のみです。

 

 

  

料理が苦手でも短時間で味も栄養バランスも良い食事が作れる

料理が不慣れな僕でも簡単にしかもおいしく作れました。 

時間については今回は一番短いので11分、長いので43分でしたが慣れればもっと早くできると思うので時短効果は大きいと思います。

栄養成分については表記がないのですがオイシックスなのでそこもちゃんと考えられているメニューなのでしょう。

あと見た目もグッドです。

 

 

 

後片付けが楽

下ごしらえなどの工程がないのでその際のゴミやら調理器具なんかの後片付けが発生しません。 

それと作っているときに気づきましたがキットが入っている袋は自立します。

キッチンに立てておけば調理中はゴミ箱として使えるので便利です♪

 

 

 

食材が傷まない 

「野菜を買ったけど使い切る前に傷んで食べれなくなっちゃった。」

ってやっちゃう方結構おられるのではないでしょうか?

 なにを隠そう我が家もその口です。(笑)

ミールキットでは使用する食材はすべて使う分だけです。

あまる食材がないので傷んで捨てる心配もありません。

 

 

 

料理が上達する

下ごしらえ済みとは言え実際に野菜を切ったり基本調味料を使って味付けなんかもしますし電子レンジを使っての時短テクや料理の段取りなんかも身に付きます。

 料理をこれから勉強したいって方にとってはぴったりかもしれません。

 

 

 

朝食がお得に買える

トライアルキットの記事でも書きましたがdミールキットには“おいしい朝食パスポート”というサービスもあります。

これは月額1280円で毎週のdミールキットの注文につきパンや牛乳など、朝食に使える食材が3品まで無料で買うことのできるサービスです。

月額なので4週分×3品で合計12品が1280円で買えると思えばかなりお得ですね^^

 

 

 

デメリット

自分で一から作るよりかはお金が掛かる

これはまぁ半分作ってもらうわけだから当たり前といえば当たり前ですね。 

これで価格が安けりゃスーパーは潰れます。

ただ外食するよりかは断然安くはなるしお惣菜買っちゃうって人にとってはそんなに変わらないか多少高くなる程度かなとは思います。

 

 

 

冷蔵庫がいっぱいになる

週5日分のミールキットを頼めばそこそこ場所を取ります。

冷蔵室の一段分くらいの場所は確保しておいた方がいいでしょう。

 

 

 

量が足りないことも

我が家ではdミールの主菜・副菜とご飯があれば十分ですがよく食べるご家庭ではそれだけでは量が足りないかと思います。 

ミールキットはおかわりができないのでその場合は一度に大量に作れる自家製料理の方がコスパは抜群にいいでしょう。

 

 

 

スーパーのスタンプがたまらない

 メリットで挙げたようにスーパーに行く機会も一回の買い物量も極端に減ります。

我が家も毎月パーフェクトだったスタンプカードがほとんど埋まらなくなってしまいました。

 

 

 

まとめ

 今回の体験記はdミールキットを実際に5日間試してみた内容でした♪

dミールキットはメリットが大きい反面、どの家庭にも適したサービスというわけではなさそうです。

我が家では大助かりですが食べ盛りのお子さんがいるご家庭には主菜のおかわりができないのはかわいそうに思います。

結婚したてでまだ子供のいないご夫婦、同棲中のカップル、または子供が実家を出た後のご家庭にとってはピッタリのサービスなのではないでしょうか^^

9-2.やらせは犯罪か?

雑談

 

最近バラエティー番組のやらせ記事をよく目にしますね

まぁそれが真実かどうかはさておき、

 


しょーじきなとこ

 

 

 

 

 


どっちでもよくね?爆

 

 

おもしろきゃいいじゃん
バラエティーなんだからさ

 

 

もちろん限度はあるけどね

 

 

イメージダウンや名誉棄損にかかわってくるのはまずいだろうけど

 

 

気づいてるけど気づかないふりをしているだとか

 

 

とれなかったけど事前に用意しておいたものをとれたことにしようとか

 

 

 

そんな程度ならもぉどっちでもいいわ (笑)

 

 

 

まぁやらせと分かったらしらける気持ちはわかるけどね

 

 

だからそっとしとこうや

 


制作側もほんとはそんなことしたくないんだよきっと

 


でもロケはドラマとは違う
良いのが撮れるまで何度も撮り直しゃいいってもんじゃない

 


基本は一発勝負

 


そら保険かけとくに決まってるよ

 


何百万かけたけどなーんもいい画が撮れませんでしたじゃすまないでしょ

 

 

その保険をやらせなしでおもしろく撮れるのが本来ベストだしディレクターの腕の見せ所なのかも知れないけど

 


毎回それを考えなきゃいけないってのはあまりに酷じゃないか?

 


エンターテイメントだと思って楽しみましょうや

 

 

またこうしておもしろい番組が消えていくのが勿体ないよ

 

 

なんかやらせは駄目だって風潮に流されてバラエティーがどんどんつまんなくならないか少し心配

 

 

 

要は、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やるならバレないようにやれ 爆

 

(ただしコンプライアンスは大事にしろ)

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、

 


絵、描けました(笑)

 

キングダムハーツの絵 続き

 

 塗りは方はリアル水彩グループの水彩丸筆一本でひたすら塗りました。

 

 

以前ムラをなくしたいから筆の設定をいじったことがありましたが、、

↓その時の記事

 

www.fuku-jiro.com

 

今回はムラをあえて出したいと思いましたので設定を「透明度置換」ではなく「通常」にして塗りました。

 

 

完成したのがこちらです。

 

f:id:fukujiro0714:20190914201047j:plain

ほんとはもっとムラを目立たせたかったんですけど塗ってるときはどうしても気になってなじませてしまい結局イメージした完成形とはいきませんでした。

 

 

これでひとまず完成です!

 

 

 

 

 

 

背景、、、、

 

 

ちょっとラフを描いてみました

 

f:id:fukujiro0714:20190914202139j:plain

 

キングダムハーツ1をプレイしたときのかすかな記憶

 

 

一番最初に戦った敵がたしかハートレスのデカいやつ

後ろにいるのがそれ

 

 

んで戦った場所もたしかこんな感じの異空間みたいなところ

 

 

そのときはドナルド、グーフィーはまだいなかったと思うけど細かいことは気にしません。

 

 

ドナルドが攻撃している風だったのでそのさきにちびハートレスを描きました

 

 

構図は完全に戦いを放棄して逃げていますが細かいことは気にしません。

 

 

うん、できる限りのことはやってみようと思う。

 

 

あきらめる可能性も大いにあるが

dミールキットはじめました♪ ~まずはトライアル・キットを試してみる~

f:id:fukujiro0714:20190908144030j:plain

 

オイシックスとNTTドコモが協業して展開する新サービス
「dミールキット」

 

 

5月くらいにサービスの発表があってから開始するのを今か今かと待ってましたが7月25日についにスタートしました。

 

 

dミールキットは夫婦共働きのご家庭や料理が苦手な主婦(主夫)の方にピッタリのサービスです。

 

 

今回は実際にサービスを利用する前にトライアル・キットがありましたのでそれについて書いていきたいと思います^^

 

 

実際にdミールキットを5日分試してみた記事はこちらになりますのでご検討される方は合わせてご覧ください↓

 

www.fuku-jiro.com

 

 

 

 

dミールキットとは


dミールキットは週に1度、5日分のミールキットを家まで届けてくれるサービスです。


ミールキットというのは選んだレシピの下ごしらえ済みの食材が必要な分量だけ入ったもので、一つのミールキットで2人分の主菜と副菜が最短5分でできあがります。

 

「毎日献立を考えるのがめんどくさい」
「買い物行くのもめんどくさい」
「作るのもめんどくさい」

 

という家庭にはとても強い味方になってくれるのではないでし
ょうか?

 

 

f:id:fukujiro0714:20190908151948j:plain





 

価格は?

 

年会費・月会費は無し!

1キットにつき980円~1600円(1キット主菜・副菜2人前)

 

高いんだか安いんだか、、、

これはやはり普段どれくらい食費に使っているかにもよるのでなんとも言えませんね。

 

外食するよりかは断然安いけど一から自炊するのと比べるとちょっと高め。

本当にその価値があるかどうかをしっかり見極める必要がありそうです。

 


dミールのトライアル・キット

 

 実際にサービスをはじめる前にトライアル・キットというものがあったのでまずはそちを申し込んでみることに。

 

内容はミールキット2日分と後述の“おいしい朝食パスポート”から2つ。

 

金額はキャンペーン価格で39%OFFの税込み1980円

 

申し込みをしてから3日ほどで届きました。

 

f:id:fukujiro0714:20190908121856j:plain




ミールキットのメニューは選べませんでしたが内容は以下の通り

 

・キット1
 主菜「たっぷり4種野菜と鶏の甘酢あん」
 副菜「人参と干しえびの中華和え」

 

・キット2
 主菜「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ」
 副菜「小ねぎとのり、豆腐の韓国風スープ」

 

・おいしい朝食パスポート
 食パン、ヨーグルト

 

でした。

 

 

おいしい朝食パスポートについて

 

こちらはdミールキットとは別で朝食に使える食材がお得に買える定額制サービスです。

 

月額1280円で毎週のdミールキットの注文につき朝食パスポートの品の中から3品まで無料で買うことができます。

 

朝食パスポートの中にはパンや、牛乳、ハム、たまご、ヨーグルトなどがあります。

 

僕は最初1280円で3品じゃ高くね?って思ってましたが勘違いでした。

 

 

月額1280円なので4週。

つまり4週×3品で12品まで買って1280円です。

これはかなりお得ですね!  

 

 

トライアル・キットの一つ目

 

早速キット1の方から作ってみます。

 

f:id:fukujiro0714:20190908122053j:plain



 

こちらは最短5分を謳っているシリーズになります。

果たして本当に5分でできるのか?

 

完成したものがこちら

 

f:id:fukujiro0714:20190908122122j:plain



 

ど、、、どっすか!?

 

見本の写真とほぼ同じ出来栄え、、、

色取りが良くて栄養もありそうです。

 

量も多からず少なからずといった感じ。

大きさがわかるように爪楊枝を置いてみました。

 

味はもぉね、

 

 

言うまでも無く激うまです。

 

問題の時間ですが、

5分、、、とはいかず盛り付けこみですが15分くらいかかりました。

 

作っている途中で気付きましたが作り方の手順に「次は副菜1へ」とか「主菜3へ」という風に段取りが書いてあります。

それを知らずに主菜を完成させた後に副菜を作り出したのでその分かなりタイムロスになったかと思います。

 

それとやはり、料理が不慣れだと野菜を切る工程などは想定されている時間よりはかかってしまうでしょう。

 

まぁそれでも15分でこのクオリティのものができるなら十分です(笑)

 

 

 トライアル・キット二つ目

 

f:id:fukujiro0714:20190908122232j:plain



こちらは5分のシリーズではありません。

完成したものがこちら。

 

f:id:fukujiro0714:20190908122308j:plain

 

嫁が温玉はいらんと言ったので一つは乗せてません。

 

うん、見本の写真どおり!(温玉割って黄身たらしたらよかったかな?笑)

 

今回は包丁で切る工程が多かったので結構時間かかりました。

たしか盛り付けまでして40分くらい。

 

やはり鮮度等の関係で切った状態で届けるのが難しいものもあるのでしょうか。

 

まとめ

個人的な感想ですがdミールキットはかなりいいんじゃないかと思いました。

 

料理の不慣れな僕でもおいしく見た目もきれいな料理が短い時間で完成します。

 

時短効果は単純に料理をする時間だけではなく買い物に行く時間・献立を考える時間・後片付けの時間も短縮されます。

 

 

そう考えたら値段もけして高くないのではないでしょうか。

 

次は実際にdミールキットをはじめてみて5日分作ったものをアップしたいと思います(^^)/♪

 

 

★2019/9/19更新 

実際にdミールキットを5日分試してみた記事をアップしました↓

www.fuku-jiro.com

 

9-1.キングダムハーツのソラ・ドナルド・グーフィーを描いてみる

 FFシリーズで7.9.8と描いてきましたが次はキングダムハーツにしました。

 

 

ラフから線画の完成まで

さっそくラフを描いてみる。

 

f:id:fukujiro0714:20190903010034j:plain

何が何やら(笑)

 

f:id:fukujiro0714:20190903010054j:plain

ほんの ちょっとだけ構図の勉強をしました。

三角形の構図がベターだとかなんとか、、、

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010113j:plain

 ドナルドとグーフィーが不気味すぎるか?(笑)

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010139j:plain

 ソラがいい感じに仕上がってきたけどドナルドとグーフィーはいちから描き直すことに。

より三角形になるように武器の角度も調整する。

 

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010155j:plain

ドナルドが全く定まらない、、、 

 

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010250j:plain

 まだ定まらない、、、

 

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010315j:plain

 ここでドナルドもようやくこんなもんかなってゆうラフが完成。

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010337j:plain

なんか微妙に3人が同じ空間にいるような気がしないので大きさを調整

、、、してみたけどまだやはり違和感。

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010401j:plain

もぉ少し調整したけど違和感は消えず。 

 

 

 

f:id:fukujiro0714:20190903010417j:plain

 もぉわからんからとりあえず塗ってみることにした。

ということで線画はこれで完成です。

 

三角形を意識しての構図。

そして直線は視線を誘導する効果がある、らしい。

想定ではソラをみてキーブレードで視線を誘導しドナルドへ、

杖でまたまた視線を誘導してグーフィーへといった感じか?

 

ま、

ほんとにほんのちょこっと

さわりだけしか勉強してないあっさい知識なんでたぶんいろいろ間違えてるけど

 

まぁいいや。

8-1.FF8 スコール&サイファー取り合えず完成ということで

まったくいい構図が浮かばなくてあれやこれやと描き散らかした前々回。。。

 

www.fuku-jiro.com

 

構図の勉強もしなきゃいけないということで本を買おうと思いましたがまだ買えていません。

ちょっと本屋いくのめんどくさくて^^;

 

この記事書いたすぐあとにできたラフがこれ

f:id:fukujiro0714:20190823134755j:plain

ラフにしてもラフすぎる気もするが。

ボツにしたものと比べると何となくイラストっぽい構図になっているのではないでしょうか?

というわけでこれを採用して描き進めることに。

 

下描き

ラフをもとに顔を少し丁寧に描いて肉をテキトーに付けていく。

f:id:fukujiro0714:20190823135421j:plain

 

 

顔をさらに描き込んで体の筋肉も整えていく。

f:id:fukujiro0714:20190823135528j:plain

 

 

スコールの髪がうっとしかったので削り、サイファーの首を若干持ち上げる。

f:id:fukujiro0714:20190823135737j:plain

服を大まかに描いてみる。

f:id:fukujiro0714:20190823140014j:plain

 

服を丁寧に描き直して全体的にちょっと傾きすぎかな?と思ったので角度を修正。

下描き完成!

f:id:fukujiro0714:20190823140137j:plain

 

 

塗り

今回塗りをするにあたってまず下塗り?をしてみました。

f:id:fukujiro0714:20190823140538j:plain

これまでの塗り方だと塗りが薄いところとかが背景透けちゃってたんですよね。

今は背景いっさい描いてないので気にならないんですけど今後背景あとから張り合わせるとかなったときに絶対透けるのでね。

 

塗りの工程は全然残してなかったので最終的に完成したのがこちらです。

f:id:fukujiro0714:20190823141104j:plain

なんかさみしい、、、

やっぱ背景というか飾り付けみたいなことができるるうになりたいな。

 

 

まぁこれは取り合えず完成ということで